メリット盛りだくさん!レーシックで裸眼生活へ

日本でレーシックが行われているようになり、10年以上がたちました。

 

症状が年齢いっしょに安定して、施術をコレ以上症状が悪化をしづらいと判断をされました時期にすることの方がお勧めデス。

 

この事から目の手術の失敗=失明という心配はないです。

 

近視がまだ進行の途中で、レーシック施術した場合、また施術後に近視が進む実現性があるということなのです。

 

10年は医療実績として考えると非常に短いデス。

 

しかしレーシックを受けた後の良い点の方が多く、施術を年々受ける人が増加してます。

 

近視、乱視、遠視などがひどい方しかし、30代から40代とその症状が落ち着くのが、いわれているのです。

 

視力回復方法の一つとしてちかごろ、確立され始めたのが、レーシックです。

 

18歳以上でないそしたら大多数の病院で、施術は受けられません。

 

そこは、目がまだ成長段階の途中であるために、安全性が施術するのに確実とは言いましてもないでしょうからデス。

 

短所はレーシックにおきましても、いくらかあるため、説明をやりたいと思う。

 

ネックに一番と人が、多くなったのですないか。

 

施術をその短所を分かった上で、決めるべきではと思われている。

 

まず安心してもらいたいのが、全世界で週百万回の施術事例がきょうまである中で、一度も失明をしたですのではありません。

 

年齢制限が一つ目は最初に、あるということです。

 

メリットがすべてのあろうことは、ご存知いる人も多いとおもいます。

 

しかしていながら、不利な点も何事もある事を忘れてはいけない。

 

もう一つは、安全性デス。

 

レーシックが認められた年は、2万人だったが、年間10万人の人がいまではレーシック手術を受けましています。

 

でも、手術をするということには変わりはありませんので、もちろん100パーセント安全とも言い切れません。

 

合併症がその理由の一つに、あります。

 

実在のところ術後のドライアイの症状やハロ現象が起こることがあるのです。

 

目の乾燥がドライアイは、激しくなる症状です。

 

暗い所で光を見たときにハロ現象とは、雲がかかったような状態になることを指します。

 

数ヶ月から半年ぐらいでまったくの人が、症状が落ち着く人が多いのでは。

 

 

 

page top