メリット盛りだくさん!レーシックで裸眼生活へ

レーシックの手術を担当してもらう医師とコミュニケーションを図ってるときに、その医師に不安や疑問を抱くみようかなことがあったのだったら、違う医師を指名するか、他のクリニックでレーシックの手術を受ける事も検討をした方が良いでしょう。

 

次みたいにインフォームドコンセントは医師からの一方向説明にたいしてわたし達患者がただ同意をするのでではなく、患者自身が医師からさせられる説明を分かって納得をしたうえで同意する事で、患者と医師が信頼を互いに深める事が大切なんです。

 

ですからインフォームドコンセントをちゃんと行ってもらえる医師を選ぶのようにしよう。

 

レーシックはぼくの眼を他人の手に委ねることになるのつまり、ほんとにその医師が安心して信頼する事出来る人であるのかの見極めが大事です。

 

インフォームドコンセントはレーシックに関しても重要です。

 

この場合だとするそしたら、レーシックの目的や方法そうしてレーシックの手術をした際の効果や優秀な点・不利な点、また起こりうる合併症などの実現性と危険性や副作用、医師からレーシックの手術に掛る費用などにつきまして説明を受けましてます。

 

そしてこれの説明が十分にされまして、患者自身がその内容に納得をしたらそれで初めてワタシたち患者からの同意を得ることになるのでしょう。

 

そのためインフォームドコンセントがどこまで密に行われているかが大事なポイントとなるんです。

 

どっぷり時間をかけて患者の訴えなどを聞いてほしいますか。

 

レーシックの手術してもらう医師は患者とのコミュニケーションを十分にはかってますか。

 

質問などを予めまとめて医師になんでも質問をするのようにしておくこと。

 

実際にカウンセリングや医師からの説明を受けたとき、その医師とのやりとりに安心感と信頼感を抱くことができるか。

 

そこでインフォームドコンセントとは「説明を医師から受けそれに同意する」事です。

 

 

 

page top